1日1回でいいです
下のマークを押してくださいね〜
にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
従姉妹に大変お世話になったこの旅も終わって帰国してきた今、
改めて〜日本との違いを痛感したことがいくつかあったので、
今日はこれを書いてみようと思います。

これから海外に行かれる方も、予定のない方でも、、、
へ〜〜って思ってもらえるかな??

ブログでもいくつか書きましたが、まずは
イタリアの観光地でのトイレ事情です。

お金を払って入った場所には、必ずあるので、それは問題ないのですが
やはりどうしても。。。って場合になるときもありました

ピサの斜塔見学後の話ですが、
ランチタイム、どこも、ものすごい人だったので
あっ!!それならマクドナルドに行こう!!と思って入ると
トイレ手前に監視役?のとても大きな男性が立っていたので、
聞くと、
購入のレシートがないとトイレは使えません!との事、、

大混雑の中、何とか購入し しばらくして娘がトイレに。。。

テーブルに戻ってきて
あっ!!レシートは取られた〜って
そんなに厳しいチェックを受けないと入れないトイレでした。

だからワタシは、我慢、、、
でもね、体調によってはもう一度行きたくなる時ってありますよね〜
そんな時はどうすればいいんだ??って思った次第です

フィレンツェではガイドブックの片隅に、
トイレが自由に使えるお店も出ていたので、(利用しました!)
じっくり読んでおくことも必要です

駅のトイレですが 1ユーロを入れないと中には入れません。
有料だからと言って、日本のようなトイレを想像してはダメな所もありましたょ

またコーヒーやピザ(もちろんマクドナルドだって)
テイクアウトする人と、テーブル席を使う人とは、値段が違います。

拡大で確かめてみて〜
中段 テイクアウトは4,9ユーロ テーブルなら6ユーロでしたね
ここはヴェネツィア 少し物価は高めだったと思います
IMG_6463333.jpg

フィレンチェの夜に食べたピザ、普通サイズですょ
肩幅よりも大きい??
IMG_7987333.jpg

ロンドン最終日、
ワタシは従姉妹と世界遺産 ロンドン王立植物園キューガーデンに行ってきました

広大な土地に珍しい植物。綺麗なガーデンに見とれて、、、
きっと花好きな主人なら、1日中いても飽きないかも??ってふと思いました。

それから、1分半間隔で
ヒースローから轟音とともに飛び立つ飛行機に何度も驚きました
IMG_7752333.jpg

たくさんの植物の中で、松ぼっくりの赤ちゃんを見つけました!

IMG_7801333_20180913202502fd7.jpg

IMG_7699333.jpg

こちら

娘は、この日もう一人のお友達(日本人)と楽しくショッピングをしていました
彼女も、また国際結婚組で、可愛い〜お子さんとイギリス在住です
後から聞いたことですが、
彼女とワタシも一緒に出会っていたなら、
キューガーデンに連れて行ってあげようと思っていたそうです、、、(嬉しい話)

これまでに出会った友人たちの素晴らしいこの関係は
きっとこれからも続いていきます。
今度日本に来ることがあれば、出会いに行くからね〜と言って
みんなと別れたそうです

私達親子は、最強の晴れ女でした
先程まで雨だったとか、
これから降りそうだぁ〜など、、、の場面は2、3度ありましたが
旅行中、1度も雨の中を歩いての観光はなくて、よかったです。
写真も綺麗に撮れて嬉しかったです

最後に、娘、Nへ〜
保護者逆転の旅〜本当に楽しかったょ〜ありがとう!!
みなさん長々とお付き合いありがとうございました

今日も、ありがとうございます!!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村
今もう一つ書き忘れがありました。
フィレンツェからピサに行く時のことです。駅の券売機で購入し、ホームに向かいました。
駅は自由に入れるので、切符を購入したらそのまま電車に乗れます!が〜
自分で、機械に通して、日付印字をしないといけません。
それもガイドブックに書いてあったそうで、思い出して、どれどれ??って見つけて入れた所です
各ホームごとにありますね!(向こうに見えます!)
IMG_6791333.jpg

発車のアナウンスや、ベルもなく、、、乗ってしばらくしたら
す〜っと出発進行でした
IMG_6792333.jpg

ちゃんと切符購入なんだからって思いますが、改札口がないのでね。
そして電車の中で、必ず、検札に〜そこでこの作業を忘れていた場合、
罰金を払わなければなりません。その時、隣のカップルは徴収されていましたよ
世界中の方がたくさん訪れるので、罰金について各国の言語のメモ書きファイルが見えました

(日時指定列車の切符の場合はこの作業は要らないです)

イタリアの鉄道、これがすご〜く気になりました。
スポンサーサイト